ウォーターサーバーを選ぶ際に比較するべきこと

選ぶポイント

ボトルを担ぐ人

生活に欠かせない水

人は1日に2リットルの水を飲まなくては行けないといわれていますが、水は人の生活でとても欠かせないものです。飲水もそうですが、料理などにも使用しますし、身体に取り入れる機会が多くあります。身体に取り入れるので、安全でおいしい水を使用したいという方にはウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーを比較して選ぶ

ウォーターサーバーを選ぶには、自分にどのタイプが合うのか比較して選ぶ必要があります。水の質もそうですが、価格や使用場所によってもウォーターサーバーを比較して選ぶことができるので、しっかりと選ぶポイントを抑えておくことをおすすめします。

ウォーターサーバーを選ぶ際に抑えておくべきポイント

安全でおいしい水か

せっかくサーバーを使用して水を飲むのですから、安全でおいしい水を飲みたいものです。水には、硬水と軟水の2つのタイプがありますが、日本人は柔らかい軟水を美味しいと感じる方が多くいるようです。硬度の低い軟水は、硬度の高い硬水と比べると非常に飲みやすくなっています。また、ミネラル成分を多く含んでいる水も、美味しい水と言えます。しかし、赤ちゃんにとってミネラルが多い水は体に負担をかけてしまうので注意しましょう。

毎月の支払い料金

ウォーターサーバーのレンタル料金もそうですが、毎月ボトルを交換するタイプのサーバーを選んだ際はその分の料金がかかります。また、それ以外にも毎月の配送料金や電気代、サーバー機器のメンテナンス代などもかかるので事前にメーカーに確認してからウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

容器のタイプ

ウォーターサーバーの容器には、水がなくなったら小さく潰して捨てることができる1回使い切りのタイプと、配達業者に交換してもらうタイプのボトルがあります。どちらも衛生面に気を使っているので安全ではありますが、水が空気に触れて鮮度が落ちてしまう心配のある方は、1回1回使い切りの水が空気に触れないタイプのものを使用すると良いでしょう。

デザインに注目

ウォーターサーバーをリビングにおいて使用する場合、おしゃれなデザインのサーバーを利用するという手もあります。最近ではさまざまなデザインのウォーターサーバーがあり、自宅の雰囲気やオフィスの雰囲気に合わせて選ぶこともできるようになっています。

使いやすさ

ボトルが上についているサーバーと下についているサーバーがあります。一般的なのが上についているタイプのサーバーですが、女性やお年寄りは一人で交換を行うとなると大変です。そのため、下にボトルが付いたタイプのサーバーを選ぶと良いでしょう。また、料理で使用する場合は、蛇口部分が広くなっているタイプのサーバーがおすすめです。

広告募集中